日々の気づきノートです。

姉妹ブログ「勇気の出る名言集」を始めました。
過去に読んだ本で気に入ったテクストのアンソロジーです。

松本創「誰が「橋下徹」をつくったか」

一時期大阪を席捲しメディアの寵児となった橋下徹。今となっては政治家として一体何をやったか一切不明である人だが、未だに大阪のメディアは大いに重宝しているようでよくTVに登場している。

今となっては、この橋下徹氏が何をやって何が成果(あるいは失敗)だったのかを検証した人はいない。ところがこれを検証し、メディアや大阪府民(あるいは国民)が今後どう対応すべきかという難しい問題に取り組んでくれた人がいた。

元神戸新聞記者で現在はフリーランスのジャーナリストの松本創さんだ。松本さんはメディアという組織の中からはすることのできない橋下現象を整理し、検証して将来の再発に対応できるよう本にしてくれた。


この本を読むと、「トランプ大統領」という類似の問題にも対応できるようにも思う。
多方面からの分厚い検証でなかなか説明しがたい内容だが最後の節「橋下徹とは何者だったのか」でコンパクトに検証結果が要約されているので引用する。

 前述のようなメディア状況の中で政治家・橋下徹は登場してきた。
 在阪メディアにとって、当初は身内であり、同志であり、得難い取材対象であり、おいしいコンテンツであった橋下は、しかし、やがて大きな脅威となっていく。なぜなら、既に何度か書いてきた通り、彼自身がメディアだったからだ。どの新聞やテレビよりも大衆の気分と欲望を感知する能力に長け、感情に訴えるわかりやすく強い言葉を持ち、世論を喚起する訴求力を備えた。“人間メディア”たる橋下は、世の中に鬱積していたマスメディア不信をバ″クに、鋭い刃を向けてきた
 なぜマスコミだけが情報を独占し、報道や言論の自由で守られるのか。なぜ彼らだけか社会の代表のような顔をしてきれいごとを語り、批判してばかりいて許されるのか。なぜ選挙で信託を受けたわけでもない記者ごときが高い給料をもらい、社旗を立てたハイヤーを乗り回し、政治家や権力者に伍してえらそうにこの国を語るのか。
「何様のつもりか」「選挙に通ってから言え」と橋下がメディアに食ってかかる言葉は、そうした大衆の気分を見事に代弁していた。それは、既得権益への反感であると同時に、既存メディアが標榜してきた民主主義への懐疑と批判でもあった。きれいごとの建前なんかいらない。したり顔の論評や解説も、まどろっこしい議論もいらない。やるかたない不満を一時的にでも解消するバッシンクの相手と断罪の言葉があればいい、というような。
 大衆のルサンチマンを凝縮した言葉を橋下にぶつけられたマスメディアは戸惑い、立ちすくんだ。なぜなら、彼の主張や振る舞いはまさに自分たちか数十年にわたって唱え、社会に広めてきた価値観と言葉をそのままトレースしていたからだ
 漸進的な改善策や定常型の社会よりも、新しく大胆な「改革」や「変化」を良きものと持て囃す。「納税者」というより「消費者」的な損得勘定で、行財政コストや公務員数の削減を迫る。公的セクターが担ってきたサービスを市場化・民営化し、自由競争にさらせば値段は安く質は高くなると単純に考える。そして、市場で勝ち残った物だけに価値を認める。スピードと効率を重視し、そのため政治家に強いリーダーシップを求める
 これら新自由主義的な改革志向に加えて、言論や報道の手法の問題も大きい。
「改革派」「抵抗勢力」といったレッテルを貼ってバトルを煽る。「激論」「徹底討論」などと称して、声の大きい者がその場を制することをよしとする。極論や暴論であっても、わかりやすい断言や直言を面白がる。物事を単純化し、善悪や白黒の結論を急ぐ。目先の話題やニュースを競って追いかけるか、立ち止まったり、振り返ったりして検証することがない
 どれも小泉ブームの当時から漠然と社会を覆っていた空気だが、橋下はその主張と手法をより確信的に、より先鋭化させて大阪に持ち込んだ。そして、「改革」という名の破壊を性急に推し進めようとした。それに賛成するか反対するか二者択一を迫り、大阪の人びとを分断した。
 マスメディアは歯止めをかけられないばかりか、流れに棹さした。「今」を追うことだけに汲々とし、自らの報道姿勢を問うことをやめ、効率とわかりやすさに身を委ねるうち、最も大切にするべき「言葉」を橋下に乗っ取られてしまったからだ。とりわけテレビの罪は重いと私は思っている。私は橋下と同い年だが、少なくともこの四半世紀、テレビに映るニュースやバラエティー番組は、先に列挙したような価値観と言論を強める一方だったという印象がある。
 橋下を「テレビ政治家」「テレビの申し子」だと私が言うのは、彼がテレビで名を売り、テレビを利用して政治を動かしてきたからばかりではない。テレビ的な価値観と言論を誰よりも深く内面化した人物だと思うからだ。彼が府知事時代に「府民は視聴者だと考えていた」と語ったのは、比喩でも誇張でもなく、偽らざる本音だろう。
 橋下徹という政治家は、現代のメディアと大衆か生んだ「必然」であった。決して大阪の8年間だけで終わる話ではない。仮に、橋下がほんとうに政治の表舞台から去ったとしても、その土壌は分厚い層となってこの社会を覆ったままだ
 メディアが自らの行ってきた報道を掘り起こし、検証し、ジャーナリズムの精神を取り戻さなければ、「橋下的なるもの」は何度でも生まれてくるだろう。

この要約は、一応はメディア批判のようであるが、同時にそのメディアの行動を求めるわれわれ日本人自身への批判であることをも示している。
つまりわれわれ日本人がメディアに求めているコンテンツが橋下を生んだということだ。
そんなことを思いながらボンヤリTV画面のバラエティを眺めていると、次なる橋下がスタンバイして画面の向こうから飛び出そうとしているようで怖い。

われわれ日本人は、もっとしっかりした考えを持たなければしっかりしたメディアも政治家も育つことはなく、まして世界から尊敬されるような立派な人間や国家を造り上げることなどできるわけがない。

日本人は貧乏になっている

私が数年前のサラリーマン現役時代の最後の頃に中国、台湾、韓国などに出張した時、「安いから買っておこう」というようなものが何もなくなっていることに気づいて驚いたことがある。
それと同時期にインバウンドが増加し、中国人が爆買いするという現象が広がった。

その時に日本はもはや経済大国などではない、ということに気づいたものだ。

しかし、その後も日本人自身の経済大国意識がなくなることはなかった。そこに現在の日本社会の機能不全の原因があるように思う。

このことをハッキリ言ってくれた記事を見つけたので張りつけておきます。



小説家の相場英雄さんの「「日本人は貧乏になった」その事実を明白に知らせてくれている。

相場さんは日本における外国の技能研修性に注目し、その実態から日本が「貧乏になった」ことを示してくれた。

状況は、私の経験よりさらに進んでいて、相場さんの経験では、

4年前、取材旅行で訪ねた香港で、紹介制の高級レストランに行きました。店の前にはリムジンがずらりと並び、店内にいるさまざまな国の人たちは一目で裕福だとわかりました。日本人のわれわれが、明らかにもっとも金がない存在でした。

活気にあふれた香港から東京に戻ると、日本全体が寂れたシャッター街のように見えました。にもかかわらず、ほとんどの人が日本が転落した現実に気づいていません。


これば現実なのです。

日本のレストラン、ホテルの宿泊料の安さの実例の後に雇用の問題が示される。

雇用状況を見てもそうでしょう。物価が下がり続けるから、もっと安い労働力が必要になる。そこで、格差が激しく、いまも貧しい生活を強いられているベトナムやミャンマーなどの農村から来日する技能実習生という名の労働者に頼るしかなくなった。

その技能実習生たちがコロナ禍で職を失いつつあり、路頭に迷っているという。

実際、コロナ禍の影響で、働く場を失い、国にも帰れない外国人労働者がいる。豚や果物を盗んで逮捕された不良外国人について報道されましたが、ぼくには起こるべくして、起こった事件と感じました。

このような現実が明らかになると外交問題になることは必定だが、その後は技能実習生に代わって日本人がその奴隷的労働を担うことになる。

そうなれば、労働者の賃金はさらに低下し、消費が冷え込み経済全体が落ち込む。これが日本の近未来である。
このような状況を目の前にしながらぼんやりしている、というのが日本人の現状なのである。
われわれ日本人は、まずはこの現状を正視することから始めなければならない。

再び「汝ら新型ウィルスと和解せよ」

新型コロナウィルスパンデミック第3波がようやく終息しそうな状況ですが、日本における抗体保持者の割合はまだまだ1%以下。まだまだ油断できません。

一方で、大至急で開発されたワクチンがなかなか有効なようで、先進国ではすごい勢いで接種されていますが、日本では蝸牛の歩みです。

これで、「新型コロナウィルス終息の人類の祝典として」東京オリンピックを開催するとはよく言ったもんです。

私は、昨年3月26日に「汝ら新型コロナウィルスと和解せよ」という記事を書いた。



当時のアベ首相の第三次世界大戦とか、ウィルスとの戦いとか勇ましい言説に苦言を呈した。
この1年間の政府の動きをふり返って、もはや日本の政府を当てにしても仕方ないことがよく分かったと思う。やはり1年前の「汝ら新型ウィルスと和解せよ」という考えを思い出すべきだと思う。

最近も私と同じようなことを生物学者の福岡伸一さんが言っているのを知って、「わが意を得たり」と感じた。



福岡さんによるとウィルスはそもそも生物の遺伝子の断片で出所は生物そのものである。なぜそんなものが生まれたかというと、生物の進化のスピードを上げるためと考えられている。
何も生物を絶滅させるためのもんじゃない。

つまり不生不滅の生命を縦軸とするとその縦軸を維持するための横軸ということになる。

https://livedoor.blogimg.jp/yoshi_imajuku/imgs/7/5/75096f3b.jpg
生命はそれ自体を維持発展させるため「色即是空」で空性を最大限活用しようとする。そうするとウィルスも「不生不滅」の生命が「色即是空」のウィルスを最大限活用している、ということになる。

はたしてこの新型ウィルスが不生不滅の生命にどういう貢献をしてくれるかは全く不明ではあるが、生命に意図はないから限りない「試み」が繰り返される。そのことを人間の小さな才覚でとやかく言っても仕方のない話である。

生命が必要として創造したものに文句を言っても仕方がない。有難く受け取って最大限の教訓を学びとして受け取ればいいのだ。

雨宮処凛「この国の不寛容の果てに」

たまたま手に目についた雨宮処凛「この国の不寛容の果てに」という本を読んでみて、本当に日本は大丈夫なのだろうかという不安とある種のヒントを与えられた。


著者の雨宮処凛(あまみや かりん)さんは、作家で貧困問題に関する活動家。ごく若い頃は右翼系の活動家だったが、2000年以降はリベラル系に転じている。

この本は2016年の相模原障害者施設殺傷事件をテーマに差別問題の6名の専門家との対談を収録している。コロナ禍の中でますます先鋭化する差別と偏見、「生産性」「自己責任」「迷惑」「一人で死ね」…不寛容な言葉の溢れるこの国でどのように生きればいいのかと考えさせられる本であった。

2つほど気づいたところをピックアップしてみる。

「本音から本心へ」(p108)

私が現役のサラリーマンのときには、会社の中に充満する「タテマエ」の仕組みで機能不全になっていることに注目し、自分自身は「ホンネ」で語ってきたし、周りの人々にもホンネでものを言うことを勧めていた。ところが現代の日本では「本音」は権力者や強者の生き方のデフォルトになっていて、それが悪であろうが法律に違反していようが、そんなことはしていないの一点張りで済む時代になってしまった。
こんな時代に弱者がホンネを語っても何ら力になることはない。

「本心」は「本音」よりももっと深いところから出てくる。いわば神や仏が人間に言わせる言葉や行動、それが本心というものなのです。今の日本社会を変えることができるのは「本心」であるのです。

コミュニケーションというのは摩擦のような部分があって、言ってみれば「私の乱す」ことからしか始まらないという面があるのですが、それを避けようとするあまりに、コミュニケーションそのものが成長しなくなっていると感じます。(熊谷晋一郎、p111)

コミュニケーションは意見と意見の止揚だと思う。人間はすべて多様だからその意見も多様に決まっている。その違いをお互いに認識しその違いから止揚することが人間の知性や文化を伸ばしたり改革することが可能となる。
現代の日本のように均一な人間を良しとする文化では摩擦もなければ止揚もなく人間の知性や社会の発展や改革もあり得ない。
一人ひとりの心の奥底の本心良心にアクセスして本心良心の示す行動をすることで自分自身も社会も動かすことは可能だと思うのである。

広島焼き

アメリカから一時帰宅中の次女夫妻が夫君の地元広島のソウルフード広島焼きをふるまってくれた。

広島に行ったときに何度か食べたことがあるが、こちらのお好み焼きと手順が違って複雑である。
2月10日の夕食の機会でした。

準備中の様子。大量のキャベツに驚く。

IMG_9265

調理中の様子。クレープを作りその上にキャベツや具材を乗せる。

IMG_3583

IMG_9267

蓋をして蒸し焼きに。

IMG_9268

キャベツに火が通るとメインを横にどけて、できたスペースに卵を落とし、そこへ本体をひっくり返して乗せる。ここが難しい。

IMG_9269

形を整えて、横に動かしスペースを作り、そこで焼きそばをつくる。焼きそばができたらお好み焼きの上に乗せる。

IMG_9270

ネギ、お好み焼きソース、マヨネーズ、カツオ節などをかけて完成。

IMG_9271

みんなお腹が空いているので、1枚目は4人で分けていただく。

IMG_9272

美味でした。

夕陽ヶ山ハイキング

アメリカから一時帰国中の次女が期間中にハイキングに行きたいとのことで段取りを考えていたが、家族のスケジュールを勘案すると月曜日がいいのだが、当初予定の2月15日があいにくの雨で次週の22日に出かけることになった。
行き場所はまだ行ったことのない夢前の森の一周コースなのだが月曜日が休園。代わりに古法華公園の南にある夕陽ヶ山(標高227.6㍍)に行くことにする。長い尾根歩きがあり公園北側の笠松山に登ったときにも気になっていた。

9時に次女の運転で妻と3人で出かける。次女の夫君は、前週末から広島の実家に帰っている。前週の月曜日の天気がよければ一緒に行けたのだが残念だ。

9時45分に古法華公園キャンプ場の駐車場に到着。平日だが最近のキャンプ人気と飛び石連休ということで多くの車が停まっている。

IMG_2642

駐車場から南に目をやるとこれから登る夕陽ヶ山がいい格好で聳えている。

IMG_2643

しかし、こちら側からはいい登山口がないようで公園をいったん出て県道を戻り山の南側から登るコースとなる。

県道へと出る道から見る田園風景。実にいい眺めではないか。天気も快晴である。

IMG_2644

県道の立つラジオ体操考案者、大谷武一生誕の地の看板。

IMG_2645

調べてみると大谷武一は明治20年生まれの学校教育の指導者でラジオ体操の考案者の一人であり、ソフトボールやハンドボールの日本への導入した人となっている。
戦前のオリンピックにも関与しロサンゼルス、ベルリン両大会の体操競技の監督として参加している。
大谷先生は現在の日本のオリンピック騒動を草葉の陰からどう見ておられることだろうか。

県道に出て二つ目の小さな橋を渡り、東に向かうと新池という溜池に向かう。
獣除けの低いフェンスを乗り越える。

IMG_2646

池の端あたりで山側に登山口があるはずだが、容易には見つからない。

少し戻って登山道らしきトレイルを見つける。

IMG_2647

所々に黄色テープや白くなった赤のリボンの残骸みたいなものがあるが、足裏の感覚を頼りに登る。
余り踏まれた道でない上に固いシダが密に茂っているうえ、激登りの急坂にしばしば足を取られてコケそうになる(実際に何回かころげて脚は擦り傷だらけになりました)。

IMG_2648

激坂を約半時間格闘の後、10時35分、夕陽ヶ山の頂上(標高227.6㍍)に到着。四等三角点があり、表示には三等三角点とあるが誤りだろう。

IMG_2650

展望にはやや欠けるが、予定通りここでお茶にする。妻がいろいろとお菓子や果物を取り揃えてくれている。

IMG_2651

私が出る前の点ててきたコーヒーをいただく。

IMG_2652

お茶を楽しんだ後は東に向けて尾根を歩く。谷には古法華公園のある谷が広がり、その中心に大柳湖が水を湛える。

IMG_2653

いったん下ってまさ登るというアップダウンだが後ろを振り向くと夕陽ヶ山のピラミッドの雄姿。

IMG_2654

他の播磨の山々と同じく火山活動による溶岩が固まってできた山らしく大岩の多い山である。
大岩の下り、有名な山ならば鎖やロープの整備されているような岩場もありません。
注意しながら安全なルートを探して下る。

IMG_2655

次女の靴は旅先のこととて底がツルツルになってスニーカーで苦戦している。

馬の背へのルートのちょうど半分(1時間)くらいのところで妻が「ストックを忘れた」という。夕陽ヶ山頂上でお茶をしたときに置き忘れたようだ。モンベルの製品なので安くはないらしいが、さすがにあまり気分の良くない往復2時間を選択する気はとても起こらない。
「お金で解決できる問題だ」という私の決断で先に進むことにする。それに、妻の忘れ物は大抵返ってくることが多いし。

快適なアップダウンを繰り返し、最後の岩場のピーク下の鞍部からは道が整備され階段までついている。縦走路も広くなる。

IMG_2658

眼下には古法華公園の谷。

IMG_2659

最後のピーク(標高192㍍)への登りもこの日2番目の急登。最後は岩登りとなるが、ここでも鎖やロープ、ルート表示なし。
最初は私がトラヴァースのルートを見つけて進んだが、やばそう。ヤマレコでも読み切れない。

IMG_2663

最後を歩く妻が直接登るルートがありそうだというので戻って、直登。
岩の上に出る。

IMG_2664

いったん樹林に入るが再度大岩の露岩があり再度直登。小野の紅山みたいである。

IMG_2665

192㍍ピークには12時40分頃到着。激しくかつ楽しい登りでした。

IMG_3649

ここからは展望が開け切り立った馬の背が望めます。

IMG_2666

回り込んでいくと馬の背の正面に出る。

IMG_2667

北に目を向ければ谷越えに笠松山が見え登山者の姿も見える。

IMG_2670

馬の背の上を歩行する。まさに空中散歩である。

IMG_2671

セルフィ―で。

IMG_3655

馬の背を過ぎれば、あとは下りのみ。公園の遊歩道となる階段を下って、13時5分、大柳湖畔の馬の背登山口に降りる。

IMG_2672

駐車場へは公園内の道路を歩く。
山作業をしている人に管理事務所に人がいるかどうか聞くと私がそうですとのことで、妻のストックの紛失届をしたいというと、絶対に出てこないという。えらい確信だが、もし私だったら拾ったら必ず届けると思うが、今のハイカーの倫理観には期待できないらしい。
以前次女も同行したハイキングで拾ったストックを直接持ち主に返したことや、近所で現金を拾ったときの顛末などを愉快に話ながら駐車場に13時35分到着。



せっかく加西に来たことだしお腹の空いたこともあり、最近人気のうどん屋「がいな製麺所」に行くことにした。

平日の14時半という時間だがそこそこお客さんが来ている。

IMG_3657

私は、かけうどんにかき揚げ。妻たちはかま玉にとり天とちくわの竜田揚げ。

IMG_2675

やや太めの麺でコシがしっかりしている。出汁はやや濃いめ。かき揚げも美味。
だが、私の舌では丸亀製麺との大きな差は感じられませんでした。

ハイキングの〆は、マクドのソフト。

IMG_2676

飛び石連休の中日、天候にも恵まれいい一日を過ごしました。

自分らしく失敗しろ

延暦寺大阿闍梨酒井雄哉さんのインタビュー本を読むつもりで間違いで図書館に予約してしまった週刊文春編「私の大往生」。
読んでみたらそれなりに面白く読ませてもらった。

私の大往生 (文春新書)
文藝春秋
2019-08-20


佐藤愛子、酒井雄哉、内海桂子など人生の達人と呼ばれている人14人の死に関するインタビューが取り上げられている。

有名人だから何か特別なことを言っているかというとそうでもなく、ピンピンコロリみたいなことを言っている人が多い。

最後の晩餐に何を食べたいかという質問に「特にこだわらない」という人が多かったのは面白く感じた。酒井雄哉さんは、最後は何も食べずに死んでいくのが理想だと言った。酒井さんの師匠は最後断食をして安らかに亡くなったそうだ。
私も父の最期に元気を取り戻させようとして無理にでも食べさそうとしたが、私の行動は誤っていたのかもしれない。
ただ、荘厳な最期を私に見せてくれたことは幸いだった。

佐藤愛子さんは、霊界の事情に詳しいので人間が死ぬことを「往生」ということに注目して、「往生」とは生に往(ゆ)く」ということだから(別の)生があるに違いないという。
これは卓見であった。わたしもそうだと思っている。そう思うと「往生」が楽しみになってくる。
でも与えられた今の「生」と生ききりたいとも思っている。今の生を生ききることで次の生に入っていくことができるのだろう。

映画監督の大林宣彦さんは、ステージ4の肺ガンで余命3ヶ月を宣告されるが化学療法が成功して余命が未定となった人。

何よりも多様性を重んじる人らしく、とてもいい言葉を残している。

他人のようにうまくやるな。自分らしく失敗しろ。(p229)

説明不要の名言である。この言葉に出会うためだけでもこの本を読む価値があったと思った。
ごあいさつ
日々の生活の気づきから人生の成熟を目指しています。

幸せ職場の考え方は、
幸せ職場
をご覧ください。
Yoshiのアーカイブ
Yoshiの他の媒体の過去記事は、以下のリンクでご覧いただけます。
勇気の出る名言集
ギリシア・アルプスの旅
田捨女の不徹庵手記
安全文化論
よそみの楽しみ
最新コメント
メッセージ

記事の内容に関するご意見・ご質問、お問い合わせ等はこちらへどうぞ。

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
サイト内google検索
記事検索
yoshiのtweet
本のご案内

「不生の仏心-盤珪の法話から学ぶ」が出版されました。


「職場の安全をめざして-安全文化をめぐる12のエッセイ」が出版されました。試し読みもできます。


「こころ強く生きるために-天風哲学の実践」が出版されました。試し読みもできます。


「グローバル化時代の文明論-文明論之概略に学ぶ」が出版されました。試し読みもできます。