日々の気づきノートです。

姉妹ブログ「勇気の出る名言集」を始めました。
過去に読んだ本で気に入ったテクストのアンソロジーです。

経済成長を目的だと勘違いするな

元ハーヴァード大学学長のデレック・ボックの「幸福の研究」を読んでいるとケインズが経済は手段だと言っていることを知ってちょっと驚いた。

幸福の研究―ハーバード元学長が教える幸福な社会
デレック・ボック
東洋経済新報社
2011-09-23


“経済の問題が、それがそうあるべきように、重要でなくなる時期はそう遠くない。そのときわれわれの心のうちは、…真の問題、つまり人生と人間関係の問題、想像と行動および宗教の問題によって占められるであろう。そうして人間は、永遠の問題に直面するだろう。差し迫る経済的心配事からの自由をどう活かすかという問題。すなわち科学技術と福利による資本蓄積によって人間が得た自由を賢明に、心地よく、善良に生きるために、いかに用いるかという問題に。(p87、ケインズ「説得論集」ケインズ全集第9巻)

マクロ経済学の創始者ケインズが今の世界の状況を見たとすれば、恵方巻を半分廃棄しながら経済成長を願う人々を見て、いかに失望することであろうか。

無題

ケインズの予想に反して、未だに人間が経済に縛られ経済成長していないと生きていけないかのような危機感に迫られているのは、手段を目的と勘違いしてしまったことが原因となっている。

「不公平条約の改定」が目的とした手段の「富国強兵政策」が日本の破壊を招き、その「敗戦の破壊からの復興」を目的とした手段の「経済成長」が目的化してしまっている。

もういいかげん、日本の現状をちゃんと見てほしい。人口が減少しているというのに、店には溢れんばかりの商品が並べられ、毎日毎日どれほどの食品や物品が廃棄されている。

経済成長しなければならない、という呪縛から逃れることができれば、その日から自分の周りになるものを見て、「人間が得た自由を賢明に、心地よく、善良に生きるために」動きだすことができるだろうと思う。

姫路城マラソン中止で好古園散歩

退職してからも平日と週末はメリハリをつけるようにしている。
2月23日(日)は令和の天皇誕生日の祝日だったので、いつもと少し違ったメニューにしようと思ったが適当なアイデアが思いつかない。サンデーモーニングを見終わり、コーヒーと妻の手造りのフォンダンショコラとシフォンでお茶をして日配品の買い出しが終る頃には妻はジムに出かける。
私は、家で本を読み始めるが家ではどうも読書に集中しにくい。従っていつものごとく文学館の図書室に向かうが、ちょっと閃いて好古園へ行こうと思って自転車で自宅を出た。

私も今月65歳となり、高齢者となったので姫路の博物館などの公共施設の入場が無料(高齢者福祉優待カード)になったのです。
日頃、高齢者という意識はないがこういう優待を受けると若いもんに迷惑をかけんようにせんといかんな、と自覚が出るような気がする。私と同い年の現総理大臣も日本社会に大きな迷惑をもたらしているが、是非、私の気持ちをシェアしてもらって早々に引退してもらいたいものだ。

文学館も連休中ということか日頃より人が多い。14時過ぎまで読書し、デレック・ボック「幸福の研究」を読了したので、図書館に寄り返却し、好古園に向かう。

好古園の入口に着くと、「好古園は本日入園無料です」との掲示がある。何でという疑問があったが、そのまま入園する。

IMG_6600

ちょうど梅の季節で満開の梅が迎えてくれます。

IMG_6557

庭園へのプロムナード。新型肺炎の影響で来日観光客が少なくなったがこの日は入園者もそこそこあるようです。

IMG_6558

御屋敷庭園への門。

IMG_6559

活水軒への道。

IMG_6560

園では梅花祭が開催中で、鉢植えの梅の古木が展示されている。あふれるばかりの香りがただよっています。


IMG_6561

活水軒に入ると鉢植えの梅の馥郁たる香りで圧倒される。

IMG_6562

活水軒からの庭園。梅の古木。

IMG_6563



IMG_6564

庭を見ると早くもアセビの花が咲いている。

IMG_6566

目を転じればドウダンツツジも咲いている。いくら何でも早すぎるのじゃないだろうか。

IMG_6567

屋内にはシダレ梅。よい香りが漂います。

IMG_6570

庭園から西の丸を望む。

IMG_6575

池の鯉

IMG_6578

大きなスギの林が庭園の大きさを感じさせてくれます。

IMG_6577

池を立派な飛石沿いに庭園を巡る。ゆっくり歩いていると癒される。

IMG_6580

池ごしに活水軒を望む。

IMG_6581

守衛さんに入園無料の訳を聞くと、この日は本来は姫路マラソンの開催日で毎年無料開放して参加者に入ってもらうようになっているのだそうだ。マラソンは中止されたが好古園の無料開放は予定通りということだった。それを聞いてなるほどと納得。いつもの年であればマラソン中はお城界隈には近づけないが、中止になったおかげで外出する人も多くこうして楽しめるわけである。

青空と紅梅

IMG_6582

紅梅と四阿
IMG_6583

八重の梅

IMG_6585

ここでも早咲きの木瓜。

IMG_6586

見事なドウダンツツジの花

IMG_6587

松の庭

IMG_6588

ピンクのシダレ梅

IMG_6589

白梅

IMG_6591

ポピュラーな白梅

IMG_6592

西の丸を借景に

IMG_6593

IMG_6594

築山池泉の庭。茅葺の四阿

IMG_6595

竹の庭。たくさんの種類の竹が植わっている。

IMG_6596

IMG_6597

ゆっくり自分の心地よいペースで歩いて気分が癒されました。

帰りに窓口を見ると「ランナーのみなさん 来年がんばりましょう」の掲示が。

IMG_6599

参加する予定だった人々には今回の中止は残念なことだったでしょうが、おかげで静かに庭園を楽しませてもらいました。

里山探検

里山再生プロジェクトの活動は日曜日に行くことにしているが、今週は天気予報で日曜日が悪い予想だったので天気の良かった木曜日、2月20日に行きました。
10時のお茶の後、自宅を自転車で出発、太子町の里山に向います。

今回も笹の伐り取りですが、おおよそ終了したので、義父の山林の周りを探検してみました。
義父の土地の北側は義父の弟さんの土地と妻から聞いていたが、弟さんは大阪に住んでいてすでに亡くなっており、ほとんど手を入れていなかったので背丈以上の笹薮になっています。

笹薮の中を探検していると北の笹薮の西側は切り開きがあり意外な人工物を発見しました。

IMG_6546

何やら木で作った箱で上に波板の蓋がしてあります。さらに西の方にも同じ位の大きさの箱があります。

IMG_6547

こちらの箱の前には扉があって、開けるようになっているようです。
この二つの箱の裏側(南側)は少し高くなっていて小さな丘になっています。

丘の中に入ってみると昼なお暗き藪です。

IMG_6548

かなりの広さがありますが、下草も生えないくらいの暗い森で上を見上げると常緑広葉樹林になっています。

IMG_6549

人の手が入っていないのでこの地方の極相である常緑の照葉樹林になっているのです。いわゆる鎮守の森です。

この森から左に出れば私の管理している山林になります。

IMG_6550

こちらの方は、自然の落葉樹、常緑樹に加えて針葉樹や義父の植えた果樹などで構成されています。
明るくて気持ちの良い森林です。
義父はいい森を残してくれたなと、あらためて感謝する。

この日は探検を含めて1時間半ほどの滞在となった。
義父の遺した人工物を集めてみた。

支えのポール5本とドラム缶。

IMG_6551

鉢、アルミ鍋、それぞれ3つ。ガソリン缶1つ。草刈り機なども使っていたのだろう。

IMG_6552

あらためて敷地を眺めてみる。明るくていい森林になりました。

IMG_6553

山から下りて、天神さんのところに出て閃いた。あの頂上の照葉樹林はまさに天神さん裏側にある。そうすると天神さんの鎮守の森なのだ。石段があり社がありその後ろに鎮守の森(ご神体)が位置しているのだ。

あの森は神社のご神体だったのだ、ということが分かった。だから人の手が入らず、原始の姿が維持されていたのだということを。

こんな形で原始からの神聖な場所が守られていることを知って厳粛な気持になり、里山を後にしたことでした。

文学館如月祭と男山八幡厄除祭

サラリーマン時代に私は周りの人たちから、毎日判を突いたような生活をしているとよく言われたものである。毎日、行住坐臥をルーチン化して、その一つ一つの行動に念を入れるようにしています。そうすることによって日々の違いに気づくことができるようになるように思います。

よく人はマンネリ化することは良くないように言いますが私の場合、ルーチンが毎日楽しいので、「判を突いたような生活」が退屈と感じたこともつまらないと感じることもありません。ルーチンに念を入れることによって個々の活動による気づきが増えまたそのことが楽しみでもあるのです。

最近の平日のルーチン(週末は別メニュー)は起床後、顔を洗って冷水を絞ったタオルで全身摩擦(以前は冷水シャワーをしていたが違和感を感じて止めています)。天風の誓詞を7回唱える。
キッチンに移動して洗剤を入れて食洗器のスイッチを入れる。朝食の準備(米を研ぎしかけ、鍋にみそ汁の出汁と野菜の準備)。野菜は包丁の切れ味を感じながらできるだけ丁寧にゆっくり切る。
朝食の準備ができれば、ベランダとキッチンで神に感謝の祈り。

朝食の準備が整えば書斎(子ども部屋)に入りブログを書く。「勇気の名言集」とこのブログだが、「名言集」はネタのテキストが尽きればテキスト原稿をスキャンする。

6時40分にみそ汁にスイッチを入れる。出来上がるまでスマホでニュースのチェック。
7時に朝食を始めるがそのうちに妻が上がってくる。

朝食が済めば食器を片づけ、ニュースの確認を再開。その後、キッチンでブログの続きか読書。
10時になると妻が上がってきてコーヒーで10時のお茶。その後、ドラッグストアかスーパーで日配の買い出し。

帰宅後、徒歩で文学館に向います。

今週火曜日の2月18日、文学館の南門から入るといつもにない掲示がある。

IMG_6537

第11回姫路文学館如月祭とある。北館の常設展が無料で南館では古本市が行われるらしい。

IMG_6538

確かに1階の三角コーナーでは古本市が開催中である。

見るのは後にして私は2階の図書室でしばし読書を楽しむ。見田宗助の「現代社会はどこに向かうか」を読む。

13時過ぎに読書を中断し、1階の古本市を覗く。ほとんどが小説かエッセイ的なもので私の求めるものはありません。そういえば東京に居た頃は古本をよく買っていたが、今となっては図書館で読みたい本はほとんど手に入るので苦労して手に入れた古本も本棚に収まったままです。

南館の受付で「如月祭」の趣旨を聞いたところ、2月18-19日はご近所の男山八幡神社の厄除祭なので文学館も協賛してお祭りをしているとのこと。

IMG_6539

続いて男山八幡の厄神さんを覗いてみる。お参りが終って降りてこられる善男善女たち。

IMG_6540

杖をついておられる人も多いが、老齢になればなるほど、神頼み、という人が多くなるのだろうか。梅も満開です。

IMG_6544

一気に登ろうとすると息が切れます。

境内では縁起飾り、お寿司、お土産、福引が開催中。

IMG_6541

神社でお参りしようと思ったが人が並んでいたのでパス。神への祈り(感謝)は既に早朝に済ませている。

東の方に向かうととんどをやっている。お城の見える広場でとんどというより焚火をやっている。

IMG_6542

広場の隅に腰かけて蕎麦を食べている人がいる。
厄除そばと称してソバを売っている。

IMG_6543

よく見ると、いわゆる「駅そば」で中華そばを和風だしで食べるご当地B級グルメである。

男山八幡神社を後に図書館に行き、図書の返却と貸し出し、新聞を読んでいる内に14時となり、母の住む実家に向かう。

この日は、母の預金の満期で信用金庫の人が来て手続き。その後、お茶を飲みながら母の話を聞くが、楽しい話はないので4チャンネルの「ちちんぷいぷい」をかけてそっちへ話を向けようとする。

母の愚痴を聞き流しながらお茶とお菓子を楽しみ、1時間ほどで立ち、市民会館に向かう。市民会館にも図書室があり、そこも居心地がいいので結構本気で読書。

17時になると閉館なので歩いて帰宅する(わが家では18時から夕食である)。
夕食の後、妻はジムに出かけるので、後はまた私一人で本を読んだりスマホで情報検索したりTVを観たりで満ち足りた時間を過す。

21時には布団に入り「最高の一日をありがとうございました」と言って直ちに眠りにつくが、この気持ちに何の偽りもありません。

自由民主党のどこが保守主義なのだろうか?

現在日本は世界に先駆けて、人口減社会に移行している。
人類は、イノベーションにより生産性が向上した結果人口が急激に増加したわけだが、ここにきて世界的な人口増加が足止めしているという。
人口が少なくなっているのだから経済成長をする必要もないと思うのだが、焦る人々は無理に経済成長を求めて社会がハチャメチャになっている。

そんな世相で先行きを心配する向きが多いが、それをチャンスだと見なす人もある。
広井良典さんの「人口減少社会という希望」には目を開かれました。


この本では人口減少という動向の人類史的考察から転換期をどう生きるべきかという示唆に富んでいるが、近代文明における政治思想についても詳しく解説がなされている。
私がよく分かっていなかったことなので、とても参考になったので備忘録として書き留めておきます。

「保守」=保全(conservation)に基本的な価値を置く。環境政策に親和的

「自由主義」=独立して個人の自由を追求。経済的には市場経済を重視

「社会民主主義」=「個人」を基本にする点は自由主義と通ずるが、格差や環境破壊などが生じるので政府ないし公共部門が積極的に関与し、再分配、規制を行う。

保守=共助、自由=自助、社民=共助というふうに整理できる。(p97-98)

アメリカとヨーロッパでは「リベラル」についての考えが
「リベラル」ヨーロッパでは文字どおり自助主義。アメリカでは「保守」に対照される概念で、むしろ格差の是正や公共事業に重点を置く。

アメリカでは民主党は社民に近いが、「社会主義」を連想させる面があり、「リベラル」の意味が変容し、市場経済に対して政府が一定の介入や是正を行う立場を包含した。→リバタリアニズム

全体をまとめると、以下のような表になる。

IMG_20200213_0011-001

ところで日本の現在の自民党の姿を見るとどうかというと、伝統的かというと、開発主義で「美しい日本」と言いながら一貫して美しかった日本の風景を破壊することを主導してきた。
また、政治に関しても日本の自立を目指すより「不沈空母」などといって一貫してアメリカ従属の路線を貫いてきた。
もっともその姿を露わにしているのが沖縄の辺野古の埋め立て工事と言えるのではないでしょうか。
こういう政党が「保守主義」と名乗ること自体が欺瞞であると言わざるを得ないのである。

光岡英稔「身体の聲」その8完

現代社会の機能不全の原因として、われわれが身体性を離れ、唯物論に基づく画一化を採用したことが大きいと私は考えている。


“生物の多様性は、偏りから生じており、それでいて常にバランスはとれている。(p185)

これこそ生命の摂理なのですが、近代文明のわれわれはそれを否定してきた。

“技術の発展していく方向は「いかに身体から離れるか」にあります。(p200)

現在の産業界で事故防止のために採用されている認知主義心理学は早い話、人間を機械と同じように動くようにしようという考えに他なりません。

それでは身体性を取り戻すにはどうすればいいか。

“武術においては、自分を省み、自らが身体の奥深くに感じていることに従い、自分を貫徹していなければ自分の動きや技は相手に通じません。あるいは自分で納得できる感覚で技や動きができるか否かで真偽は明らかになります。そのようにして自己満足や思い込みは即座に否定されます。(p210)

これは、武道での話ですが、武道だけではなく一般の日常茶飯の行動についても同じことが言えます。自分の行動が自分の深いところ(神、仏心、真心、仁…)に適っていなければ必ず違和感が感じられるはずです。

“強く押しつけて支配しない。(p218)

人間関係で支配しようとするとたちまちに機能不全が起こる。これは誰にでも感じることができます。手放すことで自由になれます。

“こちらが子供を観て、その子供側の世界観を学習しないといけないのです。(p219)

忘れてしまった子どもの世界観を取り戻しましょう。

“自信とは、自分が「この身と体で生きている」という感覚経験と自覚から始まります。(p220)

身体感覚を取り戻しましょう。

“可能性をこれまで人間は外に求めてきました。今や外の世界は絶望の淵にあります。そうであれば光明は自分のうちにしか宿りません。(p227)

現在生きているわれわれには、この覚悟が必要です。

“情報と知識の共同幻想を論理性と呼びます。
 それを超越したところに可能性はあります。それはどこにあるかと言えば、私たちにとってあまりに身近なこの身体にこそあったのです。(p228)

神、仏(仏心)、真善美、仁…これらのものこそ私たちを幸せと自由に導くものですが、これを外に求めても得られません。それは私たちの心の中にあるのです。
この心の中の宝は人間が足を踏み出そうとしたとき、直ちにアラームを鳴らしてくれます。その通りに生きていれば怖がるものなど何もないということが分かってくるのです。

光岡英稔「身体の聲」その7

すべての人が望む「健康」だが、日本人は世界一の長寿国となったが多くの人が病で医者が通いしている。
われわれはどのような「健康」を目指すべきなのでしょうか。


WHOの「健康」の定義とは、

“健康とは、身体的・精神的・霊的・社会的に完全に良好な動的状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。(p177)

精神的はmental、霊的はspiritualです。現代の日本人で「霊的に完全に良好な動的状態」を維持できている人などはたして存在するのでしょうか。
しかし、西洋的価値観からすれば、人間が霊的な安心がなければその人は健康とは言えないという認識なのです。
神は仏なんてものは、初詣ぐらいしか頭に浮かばないわれわれ日本人は、いかに世界一の長寿であろうと真の人間の健康を謳歌しているとはいえないというのです。

人間が真の主体性を持つためには超越者(神や仏)という霊的な存在を仮定する他に方法はないのです。

“客観の集合には身体や当事者がありません。
 健康という我が身あっての体のはずが、肝心の身体の健康の規範には誰の身体もないわけです。(p179)

有限の集合が無限になるのではなく、無限の存在が分節して有限になるのです。そして個体の人間は有限でありながら無限と直接につながっている、ということを見逃してはなりません。

また、魂魄という言葉がありますが、中国の思想では、魂(sprit)も二つに分かれるという。

魂:体を失っても消滅しない。
魄:体に残って体と共に朽ちる。(p183)

日本には霊魂という言葉がありますが、魂は人間が死ぬと体から離れるが、霊は体が死んで現世に残り得ると考えられています。

これは以前「唯魂論」で書いたとおりです。



唯魂論

魂についてはこれが正しいということは言いきれませんが、まさにひとり一人が自分の身体感で見極めていくしかありません。
これこそ人生の醍醐味とも言うべき楽しみです。
ごあいさつ
日々の生活の気づきから人生の成熟を目指しています。

職場のモチベーション向上と生産性向上との同時達成のお手伝いもしています。
職場でマネジメント全般あるいは職場の人間関係でお悩みの方、お気軽にお声をおかけください。

幸せ職場のためのコーチングは
幸せ職場
をご覧ください。
1日1項目を学習していただくと2週間で幸せ職場の考え方をマスターできます。
Yoshiのアーカイブ
Yoshiの他の媒体の過去記事は、以下のリンクでご覧いただけます。
勇気の出る名言集
ギリシア・アルプスの旅
田捨女の不徹庵手記
安全文化論
よそみの楽しみ
メッセージ

記事の内容に関するご意見・ご質問、職場コーチング、講演会、ワークショップに関する問い合わせ等はこちらへどうぞ。

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
サイト内google検索
記事検索
yoshiのtweet
本のご案内

「不生の仏心-盤珪の法話から学ぶ」が出版されました。


「職場の安全をめざして-安全文化をめぐる12のエッセイ」が出版されました。試し読みもできます。


「こころ強く生きるために-天風哲学の実践」が出版されました。試し読みもできます。


「グローバル化時代の文明論-文明論之概略に学ぶ」が出版されました。試し読みもできます。
livedoor 天気