日々の気づきノートです。

姉妹ブログ「勇気の出る名言集」を始めました。
過去に読んだ本で気に入ったテクストのアンソロジーです。

広島平和記念式典首相あいさつ

広島・長崎に原爆が落とされ、日本が敗戦して75年になる。高齢化により生存被災者が少なくなり、経験と教訓が忘れられることを懸念する声が多い。



安倍首相のあいさつに今年も核兵器禁止条約に関する言及はなかった。

短いスピーチなので全文を引用して彼が何を考えているのか、考えてみたい。

本日ここに、被爆75周年の広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式が挙行されるに当たり、原子爆弾の犠牲となられた数多くの方々の御霊(みたま)に対し、謹んで、哀悼の誠を捧(ささ)げます。
 そして、今なお被爆の後遺症に苦しまれている方々に、心からお見舞いを申し上げます。

形どおりのお見舞い。

 新型コロナウイルス感染症が世界を覆った今年、世界中の人々がこの試練に打ち勝つため、今まさに奮闘を続けています。

この式典とは何の関係もない、新型コロナウィルスについての言及。日本政府はボーとしてる現状で、いきなり世界の人々の話を出す意義とは何だろう?

 75年前、一発の原子爆弾により廃墟(はいきょ)と化しながらも、先人たちの努力によって見事に復興を遂げたこの美しい街を前にした時、現在の試練を乗り越える決意を新たにするとともに、改めて平和の尊さに思いを致しています。

この災禍を引き起こした要因に言及もせず、「先人たち」による復興と平和に言及していることは、「また同じことが起こるかもしれないけれど、その時はまたよろしく」と言われているような気がしてならない。現在のコロナ禍や大雨災害への政府の対応を見ると本当にこの人に任していていいのか、という気がする。

 広島と長崎で起きた惨禍、それによってもたらされた人々の苦しみは、二度と繰り返してはなりません。唯一の戦争被爆国として、「核兵器のない世界」の実現に向けた国際社会の努力を一歩一歩、着実に前に進めることは、我が国の変わらぬ使命です。

「国際社会が現在行なっている努力を着実に前に進めることが我が国の使命」とはどういうことだろう。普通は唯一の被爆国の日本が先頭を切ってというのが当りまえじゃないのだろうか。言いたいのは国際情勢に乗り遅れない程度に、ということではないだろうか。

 現在のように、厳しい安全保障環境や、核軍縮をめぐる国家間の立場の隔たりがある中では、各国が相互の関与や対話を通じて不信感を取り除き、共通の基盤の形成に向けた努力を重ねることが必要です。
 特に本年は、被爆75年という節目の年であります。我が国は、非核三原則を堅持しつつ、立場の異なる国々の橋渡しに努め、各国の対話や行動を粘り強く促すことによって、核兵器のない世界の実現に向けた国際社会の取組をリードしてまいります。
 本年、核兵器不拡散条約(NPT)が発効50周年を迎えました。同条約が国際的な核軍縮・不拡散体制を支える役割を果たし続けるためには、来るべきNPT運用検討会議を有意義な成果を収めるものとすることが重要です。我が国は、結束した取組の継続を各国に働きかけ、核軍縮に関する「賢人会議」の議論の成果を活用しながら、引き続き、積極的に貢献してまいります。

現状において日本が核廃絶に向かって汗を搔いているという姿は見当たらない。アメリカに忖度して黙っているか、核全廃条約に反対するありさまである。
国際社会で沈黙しながら、国内でこんな大口を叩けるもんだとあきれる。

 「核兵器のない世界」の実現に向けた確固たる歩みを支えるのは、世代や国境を越えて核兵器使用の惨禍やその非人道性を語り伝え、継承する取組です。我が国は、被爆者の方々と手を取り合って、被爆の実相への理解を促す努力を重ねてまいります。
 被爆者の方々に対しましては、保健、医療、福祉にわたる支援の必要性をしっかりと受け止め、原爆症の認定について、できる限り迅速な審査を行うなど、高齢化が進む被爆者の方々に寄り添いながら、今後とも、総合的な援護施策を推進してまいります。

被爆者訴訟の被告は常に国や行政であったことを忘れたようによくこんなことを言えたもんだと感心する。

 結びに、永遠の平和が祈られ続けている、ここ広島市において、核兵器のない世界と恒久平和の実現に向けて力を尽くすことをお誓い申し上げます。原子爆弾の犠牲となられた方々のご冥福と、ご遺族、被爆者の皆様、並びに、参列者、広島市民の皆様のご平安を祈念いたしまして、私の挨拶といたします。

広島まで出向いてよくこんな実態の伴わない空虚なスピーチができたもんだと感心する。
私は、やる気のないことを「誓う」などといったことは人間が人生において決してしてはならないことだと思っている。こんな重い言葉を軽くしゃべってスタスタ去っていく首相を見てこれも才能かと感心した。

あらためて全体を読んでみて、安倍首相としては「広島・長崎・原爆」というようなものは他人事なんだということがはっきり分かった。

スペイン前国王亡命

スペイン前国王のフアン・カルロス1世がサウジの高速鉄道の建設計画にからんだ不正疑惑を受けスペイン国外に亡命する意向であることが分かったという。
一般人であるゴーン氏の逃亡以上の驚きである。



記事によると、

前国王は息子である現国王フェリペ6世に宛てた書簡で「スペイン国民、国の機関、国王であるあなたに最も良く仕えるという信念に導かれ、今の時点でスペイン国外に亡命するという私の決断を知らせる」と述べた。…
スペイン最高裁は6月、前国王の法的責任を決めるための捜査を発表したが、前国王は免責特権により、退位後の行為にのみ責任が問われる。

という。

前国王は、亡命が「国民、国の機関、国王に最も良く仕える」(おそらく憲法の規定)を尊重した結論であることを表明している。
最高裁のコメントから国王は法的に免責されていることがわかる。ということは国王退位後は法的に一般の国民と同様の扱いとなることを示しているのだろう。
だから退位した以上、他の国民と同様に亡命も可能ということにもなるのだろう。

またサウジの高速鉄道の建設に関与していたかもしれないということは、スペインでは王室が政治に関与できるということを示しているのであろう。

以上のことを見ると、「国王」が機関であることが明らかになる。

このような経緯をふまえて、日本の憲法と皇室の関係を考えてみると、まるで法的整備が出来ていないことにあらためて気づきます。
憲法では天皇を「国民の象徴」と謳っているが、「象徴」とは何ぞやという議論も深まらず、それ以外の皇室の人々の扱いについては特段述べられていない。

また、憲法では天皇と摂政のみが「憲法を尊重し擁護する義務」を負うことを求めている。

第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

そうすると、現在では天皇以外の皇室の人々には国民と同様の憲法で定める基本的人権を持つと考えられる。たとえば秋篠宮の眞子さんのご結婚に週刊誌などがごちゃごちゃ言っているが、その人々は眞子さんの人権を侵害しているということになります。

現憲法の天皇の規定は、昭和天皇を戦争責任から守り、天皇という制度を維持するという占領軍と当時の政権の観点が最重要だったので、本来であれば想定しておくべきであった観点については不十分なままに残されているのではなかろうか。

天皇の退位ですら規定がなく、特別立法で決めなければならなかったという明治憲法以来の日本の天皇制の問題はそのまま置き去りにされている。そんな曖昧な規定の中で「生身の」現天皇が立っておられるというのは思えば、異様な風景なのかもしれない。

「スペイン前国王の亡命」という驚くべき事態に遭遇して、以上のようなことをぼんやりと思ったのであった。

練習減らしてパフォーマンス向上

昨日の記事で、日本のスポーツ界に蔓延する暴力の存在について書きました。



そうしたら昨日「自粛で練習が減ったら球速アップ」という記事を見てなるほどと思った。



新型コロナウィルスの感染拡大でスポーツ界でも自粛が広がり練習量が減ったが、その結果、

「自粛期間があっていつも通りの練習をしていないので、再開しても選手はなかなか動けないのではと思ったのですが、意外と体ができていることが多かった。さすがに身長は変わらないですが、横にがっしりしてきています。特に練習メニューの意味を選手たちが理解しているチームは、個々人が考えて練習をしていたのだろうと思います」
言われたことをやる上意下達の色が濃かった高校野球界でも、トレーナーなどと関わることで選手の意識が向上しているケースも多そうだ。

というのだ。

子どもたちを自律性がなく、上から言わなければ練習をしないという「指導者の信念」が暴力を生む。ところが、コロナ禍の自粛社会の中で高校野球の生徒たちの中には自分で考え自律的な生活を送っていた。その結果パフォーマンスが向上したというのだ。

これはプロ野球でも同様の傾向が見られるという。

このような変化を、ダグラス・マグレガーのX-Y理論から見ると面白い。
まず、X理論では、

  1. 人間は生まれながらにして仕事が嫌いで、なろうことなら何もしたくないと思っている。(根本的に人間はなまけものであるという考え方)
  2. 人間は責任を回避したがり、命令される方が、好きだ。
  3. 人間は自己本位で、企業の要求には無関心。

ところが、コロナ禍の環境の中、生徒たちの行動はまさにY理論を証明した。

  1. 人間は、外的強制や罰の脅威がなくとも、自ら方向づけすることができる。
  2. 問題を解決するための、ある程度の創造性は、一部の人だけではなく、多くの人々にももたらされている。
  3. 人間は、適当な条件のもとでは、責任をとるようになる。

コロナ禍という事態のおかげで、このような真理に気づけた人々は実りあるY理論に基づく「新しい生活様式」を歩み出すだろう。

政府が推し進める「新しい生活様式」とはX理論に基づき、国民を政府の思うように動かせることを目指しているが、Y理論による「新しい生活様式」を知った国民は、自由で創造的で幸せになることであろう。

コロナ禍の中で私の「幸せ職場」の考え方に出会えたことに驚くが、このムーブメントがスポーツだけの分野に止まらず、日本全国の家庭や職場に広がればいいと思う。

スポーツの意義

東京オリンピックが1年延期になり、オリンピックのないスポーツの日の直前に発表された記事には衝撃を受けた。

国際人権NGO(非政府組織)のヒューマン・ライツ・ウォッチが7月20日に発表した報告書が、日本のスポーツ界に衝撃を与えている。



この記事を読んで、私は一貫して運動はダメだったので、このような暴力の犠牲者になることはなかったが、才能のある人ほどこの記事にあるような被害にあっているらしい。

私は、子どもの時から足が遅く、運動会ではいつもゲボ(播州弁でビリのこと)だったが、この歳になるまで、トラやクマに追いかけられることもなく(もしそんな事態に遭遇したら、往年のボルトでも逃げ切れないだろうが)病知らずで健康に暮らさせてもらっている。

そもそもスポーツは人間に必要なものなのだろうか。

記事では日本のスポーツ界の実態について以下のような分析を行っている。

「スポーツ」という概念は明治期に西欧からもたらされたが、ときの政府要人は「たかが遊びではないか」となかなか理解しなかったそうだ。そこで、導入推進派は「スポーツは西欧列強に負けない強い兵隊を作ることに寄与する」という考え方を打ち出し、「富国強兵」の国是に乗ってスポーツ振興を行った。
日本のスポーツが「軍隊」に通じる、規律を重んじ、上下関係に厳しく、ときには鉄拳制裁も辞さない体質になったのは、こうした経緯があるからだ。
戦後、日本が民主主義国家になっても、そうした体質は一掃されなかった。あるベテランの元野球指導者は「軍隊から帰ってきた人がスポーツ指導者に収まってから、むしろ暴力は増えた印象だ」と語る。
この指導者も含め、暴力・暴言を否定し、まっとうな指導をしていた指導者はいつの時代もいた。それでも、全国大会などで実績を上げるのは「暴力・パワハラ指導者」だったため、つねに少数派にとどまってきた。

明治の政府要人の「たかが遊びではないか」という見解は正しかったのではないか。
そもそもスポーツの語源は、ラテン語で“deportare”で「日々の生活から離れること、すなわち、気晴らしをする、休養する、楽しむ、遊ぶなど」という。まさに「たかが遊び」なのです。

その「たかが遊び」が、近代オリンピックとなって政治と経済に雁字搦めにされている現代のアスリートの姿は見るに忍びない。彼らは古代ローマの剣闘士と本質的に変わるところがないのではかなろうか。

日本のスポーツ界は、明治時代からの「教育勅語」から離れられていないのだが、そろそろこれが異常な事態であるということに気づくべき時期ではなかろうか。

そんなことを考えながら、スポーツの才能に恵まれなかった自分自身に心から感謝したことだった。

介護民俗学

たまたま目についた「介護民俗学」の本を読んでみたら非常に興味深い活動であったの記録しておきます。


著者の六車由実さんは、民族学者のバックグラウンドのある介護士さん。静岡県出身で大阪大学で民俗学で文学博士取得、東北芸術工科大学芸術学部准教授となるが、なぜか静岡に戻って特別養護老人ホームの介護士となる。

ふしぎな経歴だが民俗学の場を老人介護の世界に移して大きな成果を上げておられる。

介護民俗学の手法は、デイサービスの利用者に「聞き書き」するというのに尽きるが、介護の世界にも以前から「回想法」という手法がある。

「回想法」では、グループで決められたテーマ(6~8回)について自分の人生を回想して共有する。
六車さんも介護士になって回想法を学ぶが民俗学との違いに戸惑う。
民俗学の方法は、話者と一対一で対応、テーマ(シナリオ)なし、聞き書きする(回想法ではメモは取らない)。
それほど違わないようだが、話し手の対応は格段に違った。

六車さんは利用者の「聞き書き」をまとめて「思い出の記」にまとめ利用者と家族に贈った。

個別の事例はこの本に詳しく載っているのでお読みいただくとして(とても感動的です)、私が感銘した箇所を紹介します。

語られる喪失の体験は、もしかしたら誇張されていたり、あるいは虚構であったりするかもしれない。しかし語り部の圧倒的な存在感を前に、私にはもはやそのことはそれほど問題ではなくなる。私は利用者の語りの樹海(うみ)に飲み込まれていく。体全体を高揚させてその語りの世界に夢中になり、そして熱い涙を流した後には、絶望を生き抜く力に変えていく知恵とエネルギーをもらうことができるのである。(p188-189)

これはまさに精神分析のカウンセリングである。学問的ではないという意見はあるかもしれないが、利用者を癒すことができれば、利用者だけではなく介護士にとっても何よりの喜びになる。

民俗学と介護世界との間に偶然に生まれた「介護民俗学」だが今後おおいに発展し高齢化社会に貢献されることを期待しています。

モーツアルト フルート四重奏曲

若い時から50年くらい愛聴してきたレコードにモーツアルトのフルート四重奏曲があります。

IMG_7898

クルト・レーデル(Fl)、オットー・ビューヒナー(Vn)、ゲオルク・シュミット(Va)、ヴィリ・シュネラー(Vc)という名手による演奏です。

モーツアルトが残したフルート四重奏曲全4曲が録音されており、いわばモーツアルトフルート四重奏曲全集です。

ジャケット裏面の大木正興氏による詳細な解説では、この様な演奏形態は西洋音楽全体でも珍しいらしく、

…これらの作品の様式が《弦楽四重奏曲》のような曲種と違って、後退し、やがて消滅してゆく前時代的様式の優美な趣味の最後の姿を、かげろうのようにとどめているという点でも、まとめてきいてみることはなかなか興味深いことである。

と、この録音の意義を説いている。

わたしもたまにLPで聴いていたが、何とYoutubeにアップされている。そして、またしてもDeucalion Projectさんです。

第1番ニ長調KV285



第2番 ト長調 KV285a



第3番 ハ長調 KV 追加171



第4番 イ長調 KV298
これは私がこの曲集で最も好きな音楽です。

この曲についての大木正興先生の解説では、

イ長調KV298だけはモーツアルトがさらに旅を進めてパリに滞在していた1778年の春から夏の間の作曲である。これは再び3楽章に帰っているが、作品の内容は完全に前時代的であり、ニ長調(第1番のこと)の豊かな精神的息吹きにくらべると、このジャンルの音楽が再び新しい装いをもって浮び出ることが、ほとんど不可能であることを、作曲者は痛感していたようにさえ見られるのである。

学術的でありながら、かつ文学的な解説です。レコードの解説にこれだけの音楽への愛情が溢れ出す文章を書く大木先生に感謝です。

それではモーツアルのトフルート四重奏曲第4番イ長調をお聴きください。

映画「グラディエーター」

自分で映画を録画して見ると言う習慣はないのだが、昨年妻が撮りだめた本体HDビデオが満杯になりかかったので私の古いUSB-HDをテレビに繋いでみた。
ある程度録画したところで昨年の夏ごろUSB-HDが不調になった。その後、本体HDの不要ファイルを消して妻が新しく録画していたがそれも満杯に近づいたので、コロナ禍の最中に思いついてUSB-HDをブルーレイにダビングして、USB-HDはフォーマット(リセット)した。

USB-HDが機能するかどうかを確認するために私が録画を始めたというわけ。
朝に番組表からBSプレミアムの昼間のシネマ劇場から番組を選択して録画してみた。

撮るだけでは何なので2000年の「グラディエーター」を録画していたので、観てみたら引き込まれ一気に観てしまった。



Wikipediaによると、

帝政ローマ時代中期を舞台とし、ラッセル・クロウ扮するローマ軍将軍マキシマス・デシマス・メレディウスは皇帝アウレリウスと皇太子コモドゥスの確執に巻き込まれて家族を失い、自らも奴隷に身分を落とす。マキシマスはコモドゥスへの復讐を誓い、ローマ文化の象徴の一つである剣闘士(グラディエーター)として名を上げていく。
…同作は優れた映像美やストーリーから大きな商業的成功を収めた。批評家からも高い評価を得て、第73回アカデミー賞作品賞並びに第58回ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞を受賞する名誉を受けた。

ということで、かの賢帝、「自省録」で有名なマルクス・アウレリウスの時代のお話です。

老いた皇帝アウレリウスがガリアとの戦いでウィンドボナ(今のウィーン)に滞在している。アウレリウスは皇太子のコモドゥスが不徳であるため、平民出身の将軍マキシマスにローマ帝国の政治を委ね共和制にすることを願っていたが、コモドゥスは父を暗殺する。それから、マキシマスは奴隷としての苦難の人生が始まる。ちなみにグラデュエーターとは剣闘士のことだそうだ。

全体の設定は「ベン・ハー」を分母にしているように思うが、戦闘の場面やゲリラ戦のスペクタクルは黒沢の映画を彷彿とさせてくれる。また、家族を奪われた男の復讐劇としてはクリント・イーストウッドの西部劇(タイトルを忘れた)が下敷きになっているようにも思う。

数多くのエピソードが縺れ合いながらマキシマスが冷静さと正義を最後まで失わずにいることが映画の主題であろう。

マキシマスの姿に「隠し砦の三悪人」の三船敏郎が浮かんだ。

マキシマス役のラッセル・クロウはニュージーランド出身の俳優でこの映画で主演男優賞を取っている。他の作品も似たキャラクターを演じているようだ。

ところが、実生活は違っているようで、

アメリカで成功した俳優の1人でありながら、私生活では短気と粗暴な振る舞いから問題が絶えないことで有名。
映画『プルーフ・オブ・ライフ』で共演したメグ・ライアンと不倫関係になり、ライアンの当時の夫デニス・クエイドからは「ラッセルは俳優として尊敬できるが、人間としてはクズだ」と激しく非難されている。ライアンはデニス・クエイドと2001年に離婚するが、クロウもライアンとの関係を同時期に解消している。 (Wikipedia)

何を求めているのかちょっとわからん人物である。配役になりきることと、人生をどう生きるかということは全くの別問題であるということがこのビデオ鑑賞でよく分かった。
ごあいさつ
日々の生活の気づきから人生の成熟を目指しています。

幸せ職場の考え方は、
幸せ職場
をご覧ください。
Yoshiのアーカイブ
Yoshiの他の媒体の過去記事は、以下のリンクでご覧いただけます。
勇気の出る名言集
ギリシア・アルプスの旅
田捨女の不徹庵手記
安全文化論
よそみの楽しみ
メッセージ

記事の内容に関するご意見・ご質問、職場コーチング、講演会、ワークショップに関する問い合わせ等はこちらへどうぞ。

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
サイト内google検索
記事検索
yoshiのtweet
本のご案内

「不生の仏心-盤珪の法話から学ぶ」が出版されました。


「職場の安全をめざして-安全文化をめぐる12のエッセイ」が出版されました。試し読みもできます。


「こころ強く生きるために-天風哲学の実践」が出版されました。試し読みもできます。


「グローバル化時代の文明論-文明論之概略に学ぶ」が出版されました。試し読みもできます。